電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 あ > アンビエント照明

アンビエント照明

全般照明のことで、天井や壁を均一に明るくするために用いる照明方式の総称である。事務室などの執務空間において、部屋全体をできる限り均一に明るくすることで環境を改善するのは一般的な照明手法であり、手元照明による照度確保を考慮せず、天井面からの照度確保を前提とした方式である。

執務空間における作業用の要求照度は500~750lx程度を求められるが、天井面に設けられたアンビエント照明のみで照度を満足する場合、多数の照明器具を設ける必要があり、天井面、壁面、作業面が全て明るくなるため、設置台数が多くなることにより消費電力は高くなる。

省エネルギーの観点から、デスク照明やスタンド照明など、作業用に近い場所に照明を設ける「タスク照明」を組み合わせると省エネになる。全般照明の「アンビエント照明」で空間の明るさ感を確保し、「タスク照明」で作業に必要な照度を確保することで、無駄な照明エネルギーを削減するという手法で、これは「タスク・アンビエント照明」として従来から採用されており、広く普及している。

照明から放出される光束は、距離が離れるほど大きく減衰するので、手元照明を離れた場所の照明で確保するのは合理的ではない。とはいえ、手元以外が真っ暗では疲労しやすいとも言われており、長時間に渡る執務業務で、周囲が暗い状態で手元だけが明るいのは好ましい環境ではないとされている。

手元照明によって作業用の十分な明るさを確保し、全般照明の台数を抑制して無駄なエネルギーを削減し、かつアンビエント照明による照度確保を最小限にすることで、執務環境の環境を維持しつつ、省エネルギーを図れる。電気設備設計の視点では、タスク照明は什器備品に該当することが一般的で、建物利用者側が用意するのが基本である。そのため、オフィスビルやテナントに賃貸する事務所などを計画する場合、デスクさえ搬入すればすぐに使えるという状態で貸し出すのが一般的であり、アンビエント照明のみで机上面700~1,000ルクスを満足する設計がなされている。

アンビエント照明で高い照度を確保することが求められている場合、その消費電力を少しでも削減するため、アンビエント照明に調光機能を搭載し、明るさセンサーや人感センサー、画像センサーと組み合わせることで、無駄なエネルギーが使われないよう配慮した設計事例が多い。

明るさセンサーがあれば、日射が入り明るさが確保出来ている時間帯に照度調整できるようになり、エネルギーを削減できる。これは照度の均一化にも繋がり執務環境の向上につながる。人感センサーや画像センサーは、その周囲に人がいるかどうかを検出することで、人がいなければ照明は使わないであろうという前提で、照度を落とすことで省エネルギーを図っている。

カテゴリー