アンビエント照明

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 あ > アンビエント照明

アンビエント照明

全般照明のことで、天井や壁を均一に明るくする照明の総称。事務室など執務空間において、部屋全体をできる限り均一に明るくする全般照明方式であり、手元照明を用いずに天井面からの照明のみを考慮した方式である。

執務空間における作業用の要求照度は500~750lx程度を求められるが、天井面に設けられたアンビエント照明のみで照度を満足する場合、多数の照明器具を設ける必要があり、設置台数が多く、消費電力が大きくなってしまう。

省エネルギーの観点から、デスク照明やスタンド照明など、作業用に近い場所に照明を設ける「タスク照明」を組み合わせるのが一般的で、全般照明の「アンビエント照明」と「タスク照明」を組み合わせた「タスク・アンビエント照明方式」が広く普及している。

手元照明によって作業用の十分な明るさを確保し、全般照明の台数を抑制することで、無駄なエネルギーを削減できる。ただしタスク照明は建物利用者側が用意する設備であり、オフィスビルやテナントに賃貸する建物の場合、アンビエント照明のみで700~1,000ルクスを満足する設計とするのが一般的である。

省エネルギーを図るため、アンビエント照明に調光機能を搭載し、明るさセンサーや人感センサー、画像センサーと組み合わせることで、無駄なエネルギーが使われないよう配慮した設計事例が多い。

カテゴリー