アイボルト

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 あ > アイボルト

アイボルト

配電盤や分電盤の上部に取り付け、搬入時にクレーンのフックやロープ、スリングを掛けるための鋼製金物のひとつ。屋内盤では盤の上部にアイボルト取付用のネジ切りをしておき、アイボルトのボルト部分をねじ込むことで取り付けを行う。

アイボルトの強度は、配電盤や分電盤の荷重に十分耐えるサイズとしなければならない。変形や脱落によって、吊荷が落下するおそれがあり大変危険である。

アイボルトは搬入完了後に取り外してキャップするのが一般的だが、屋外盤ではアイボルト部分から水浸入のおそれがあるため、盤本体に溶接し一体化されている。この場合、アイボルトの向きや大きさを統一し、かつ分電盤と同色に塗装すると良い。

搬入時に塗装が剥がれてしまった場合、補修塗料でタッチアップしておくと、腐食のおそれが軽減できる。

カテゴリー