VVFケーブル・VVRケーブル | 寿命と規格

サイトロゴ

電気設備の知識と技術 > 電線・ケーブルの種類 > VVFケーブル・VVRケーブル

 Tweet  Blueskyのアイコン

VVFケーブルとは

VVFケーブルとは、( Vinyl insulated Vinyl sheathed Flat-type cable )の頭文字をとったケーブルの名称であり「600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形」のケーブルで、ビニル被覆の外側をビニルシースで覆っただけの単純構造である。

VVFケーブルは、低圧屋内配線で非常に多く使用される電線であり、15A程度までの照明やコンセント回路への電源供給用ケーブルとして普及している。空調機や換気ファンなど機械設備機器への電源供給にも用いられ、建物ひとつに対してキロメートル単位で敷設される高需要な電線のひとつである。

2心・3心・4心の3種類が生産されており、スイッチやコンセントなど用途に合わせて、心数を使い分けて配線工事を行う。心数の一つを接地線として用いることも可能であり、単相2線式の回路で3心のVVFケーブルを使用し、その内の1線を接地線とすることも可能である。

接地線用としてVVFケーブルの心線のひとつを使用する場合、シースに緑色のラインが入ったVVFケーブルを使用すると、接続間違いのリスクを軽減できる。電線メーカーもVVFケーブルの心線のひとつを接地線として利用する需要を把握しているため、接地で利用される緑色を含む電線を販売している。

VVFケーブルは、1.6mm、2.0mm、2.6mmが生産されており、1.6mm及び2.0mmのVVFケーブルが広く使用されている。盤から負荷までの距離が長かったり、負荷容量が大きい場合は電圧降下を考え、2.6mmのケーブルを用いることもある。

VVFケーブルの拡大写真

VVRケーブルの概要

VVFケーブルは平形のケーブルであるが、VVRケーブルと呼ばれる丸形のケーブルも普及している。VVRケーブルは、( Vinyl insulated Vinyl sheathed Round-type cable )の頭文字をとったケーブルの名称であり「600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル丸形」のケーブルである。

ビニル絶縁体の外側をビニルシースで覆った構造をしており、VVFとほぼ変わらない。VVRケーブルは、丸型形状とするため内部に介在物が入っており、ケーブルの被覆を剥く場合は介在物の処理が必要となる。

VVRケーブルはVVFケーブルと違って丸型形状をしており、100sqや150sqなど大きな径の製品も販売されている。従来は幹線ケーブルとして利用されていたが、より機械的強度や許容電流が高い「CVケーブル」が普及したため、VVRケーブルを幹線として用いる事例はほとんどない。VVFケーブル、VVRケーブル共に、専門の電材店だけでなくホームセンターでも購入でき、入手は容易である。

VVFケーブルの色分け

VVFケーブルの表面色は、グレーだけではなく赤・青・黄色など各種カラーがある。一般的にグレー色が用いられるが、保安電源を持つ施設の場合、一般回路はグレーのケーブルとし、保安・非常回路は黄色や赤のケーブルとすれば、電源種別の判別が容易となる。

VVFケーブルの接続と敷設方法

従来から、VVFケーブルの接続はリングスリーブを使用した圧着接続が行われている。最近では施工性の向上を目的に「差し込みコネクタ」なども使用される。差込コネクタは簡易に確実に固定できるとされているものの、レバーなどで電線を固定するという形状により、取り外しができる形状となっている。

リングスリーブによる圧着は、二度と取り外しができない接続方法のため、接続部に不備があった場合は切断するしかない。抜き差しができる構造そのものを、使ってはならないという事業主も多く、確実性を求めてリングスリーブを使用する事例が多い。

VVFケーブルを切り込んでスイッチに接続している写真

放熱を阻害する束ね過ぎの禁止

VVFケーブルは内線規程や電気設備技術基準において、天井の設けられている空間であれば、電線管などに収容しない「天井転がし」による敷設が認められている。何十本ものVVFケーブルが天井内に敷設されることになるが、天井内には給水管や排水管、ダクトなども敷設されているため、それぞれを整然と敷設しなければ点検や更新などで互いが干渉してしまう。そのため、ケーブルも束ねて整理することが求められる。

しかし、多くのVVFケーブルを一括で結束する場合、本数制限を行わなければケーブルの放熱が阻害されてしまい、所定の許容電流を確保できずに以上発熱となり、電線が焼けるといった事故につながるおそれがある。

VVFケーブルは、束ねる本数を5~7本程度とすれば放熱を妨げないとされている。ケーブル施工に際しては施工要領書を作成し、束ねて良い本数を周知した上で現地確認を確実に行うべきである。束ねる本数が8~10本になった場合といって、即時発火につながるとは言えないが、大きな電流を流すには不安が残るため、できるだけ少ない本数で束ねるのが望ましい。特に、分電盤の上部など多数のVVFケーブルが集中する箇所で発生しやすく、注意しなければならない。

天井内にVVFケーブルを敷設する場合、整線のために、束ねたVVFケーブルをビニルテープで巻くのは避けるべきである。ビニルテープは耐久性に乏しく熱にも弱いため、早期に粘着力を失い剥がれてしまう。壁内配線としてVVFケーブルをLGSに添わせて落とすことがあるが、ケーブルに対して直接ビニルテープ巻きしても、いずれ剥がれてしまうため避けるべきである。このような場所では電線管に収容するか、被覆付きバインド線やインシュロックを使用し、強固かつ耐久性のある固定方法とする。

VVFケーブルの寿命と使用場所の規制

VVFケーブルを屋内で使用し、許容電流を超過しない安全な使用方法をしていれば、20年から30年の寿命を期待できる。しかし、適していない使用場所に敷設したり、許容電流を超過する電流を流すと、期待命が著しく減少する。

VVFケーブルは、仮設電源など一時的な使用を除き、原則として屋内使用とし屋外に露出して配線工事してはならない。ビニル絶縁ケーブルは直射日光に弱いため、数年で被覆が割れ、内部への水の浸透により絶縁の劣化を引き起こす。VVFケーブルを屋外で使用する場合は、電線管に収容するなどして直射日光を避ける。

ケーブルが寿命に至った場合でも、突然ケーブルが燃えるわけではない。ケーブルの絶縁抵抗測定を実施し、絶縁性能が失われたことが確認できればケーブルの寿命と判断する。

長期間に渡って絶縁測定を実施せず、絶縁性能が失われたケーブルを使用すると、人体や建物への漏電の原因となり、漏電部分から異常発熱により火災につながるため、定期点検を専門家に依頼するべきである。

断熱材との接触回避

外壁や天井の断熱材として利用される発泡ポリウレタンと、VVFケーブルは接触させないように敷設することが望ましい。特に、VVFケーブルの上から発泡ポリウレタンを吹き付けて密閉状態とするのは、厳しく避けなければならない。

断熱性能が高いポリウレタンによりVVFケーブルの放熱が妨げられてしまうこともあるが、発泡ポリウレタンの化学的特性により、VVFケーブルの絶縁性能が低下してしまうという懸念があるとされている。特にケーブル温度が高い場合に、被覆に悪影響を及ぼすという実験結果となっている。負荷の状況によってはVVFケーブルの温度が変動するため、表面に発泡ポリウレタンが付着することは望ましいことではない。

ポリウレタンが付着した状態で120℃に加熱した実験にあっては、接触していない場合よりも絶縁性能が低下したという記録があるため、絶縁不良のリスクを伴うことがわかっている。

新着情報

2024.02.29 漏電リレー

2024.02.25 光ダクト

2024.02.25 片端接地

2024.02.23 スコット変圧器

2024.02.20 配線ダクト

2024.02.19 感震ブレーカー

2024.02.17 マルチメディアコンセント

2024.02.15 アンチパスバック

2024.02.15 DINレール

2024.02.15 オープン変電所

2024.02.13 スマート照明

2024.02.13 USB PD

2024.02.13 テレビコンセント

2024.02.12 アンダーカーペット配線

2024.02.10 パイプベンダー

2024.02.10 フロアダクト

2024.02.08 セルラダクト

2024.02.06 住宅用引込柱

2024.02.03 CTD(コンデンサ引外し装置)

  
カテゴリー
エアコン室外機の写真
電気の仕組み、発電所から家庭に送られる電気の流れ、直流と交流の違いなどを紹介。
風力発電の写真
新エネルギーとして代表的な太陽光発電、風力発電、燃料電池や、排熱再利用など。
ライティングレールに取り付けられたスポットライトの写真
照明設計の基礎知識、実務における応用、電球の特徴と選定方法などの照明設計。
分電盤の測定写真
電気計算の基礎となる幹線設計やケーブルの選定方法、配線器具の計画、電線管の種類と使い分け。
設備時計の写真
電話、LAN、テレビ共聴、構内通信、電気時計など、弱電設備の設計や計画について。
ボックスに収容されたケーブルの写真
電力ケーブル、通信ケーブル、光ファイバーなど数多く存在するケーブルの特徴を解説。
辞書を見る人の写真
電気設備で使用される機器、材料、技術、指標や単位を解説したオンライン電気設備用語辞典。
柱上に取り付けられた変圧器と電線の写真
受変電設備の設計、各種保護装置の選定方法、受変電設備を構成する保護リレーの種類と整定方法など。
誘導標識の写真
非常用照明、誘導灯、自火報、非常用発電機、防災用蓄電池など、災害発生時に使用する防災設備を学ぶ。
机の上に置かれた辞書の写真
電気設備の関連業務を行うにあたり、必要と考えられる各種資格について学ぶ。
自然をイメージした植栽の写真
カーボンニュートラルを達成し、二酸化炭素の排出を削減と吸収の技術について解説。

Copyright © 2009-2024 電気設備の知識と技術 All rights reserved.

JPRSにより、証明書に記載のドメイン名( https://electric-facilities.jp )の利用権を有することが証明されています。