アウトレットボックス

電気設備の知識と技術 ロゴ

電気設備の知識と技術 > 電気設計・電気計算 > アウトレットボックス

アウトレットボックスとは

アウトレットボックスは、電気工事におけるケーブルや電線の配線工事で、配線の分岐、接続などに用いるための鋼製またはプラスチック製のボックスです。

電線の引き出し、コンセントやスイッチの取付、電話配線の取り出し、照明器具取付など、配線の接続以外にも多用されており、電気設備工事の材料として数多く使用されています。

第二種電気工事士試験で使用する材料の一つで、実技試験において金属電線管やPF管を接続する技術が求められます。

主に、16〜28mmの小径の電線管と接続するのが一般的で、VVFケーブルなど負荷末端の分岐・接続用として使用されます。太径の幹線などは収容することができません。

電線管の接続とノックアウト

アウトレットボックスと電線管を接続する孔を、ノックアウトと呼びます。接続する電線管のサイズに適合したノックアウトを打ち抜いて使用します。接続しない部分のノックアウトを打ち抜いてしまうと、内部にほこり、虫などが侵入する原因となるため注意しましょう。

ノックアウトには電線管を接続せず、直接電線を挿入することもできます。ただし、電線を挿入する場合はブッシングと呼ばれるゴムをノックアウトに取り付け、営利になっている端部で電線を痛めないよう配慮します。

アウトレットボックスの接地工事とラジアスクランプ

鋼製のアウトレットボックスを使用する場合、接続する金属電線管とアウトレットボックスにD種接地工事を行います。金属管の端部とアウトレットボックスが接触しているように見えますが、電気的な接続が十分ではありません。接地用のIV線を使用し、接地端子を接続する必要があります。

金属管に接地線を接続するためには、ラジアスクランプと呼ばれる接地金具を使用します。ラジアスクランプに接地線を挟み込み、金属管に巻きつけ、ペンチで挟み込んで折り曲げることで、接地線と電線管の接触面積が大きくなり、十分な電気的接続を得ることができます。ラジアスクランプ本体は、伝導性が良く劣化しにくい「無酸素銅」が一般的に用いられます。

なお、ラジアスクランプには突起部があり、塗装したペンキが硬化する以前であれば塗装部を貫通して電気的接続を得ることができますが、電線管に塗装が完了し、完全に硬化した後では突起部で塗装を貫通することができず、電気的導通を得られないことがあります。

ラジアスクランプは塗装を行う前、または塗装後硬化する以前に取り付けを行いましょう。なおラジアスクランプの取付方法は永楽産業のサイトで詳細な解説があります。

ボックスの種類と特徴

配線工事に使用するボックスには、アウトレットボックスのほかに「スイッチボックス」「コンクリートボックス」「プルボックス」があります。

アウトレットボックスとスイッチボックスの違い

スイッチやコンセントを取り付ける場合は、アウトレットボックスではなく、連用枠を取り付けコンセントやスイッチを取り付けられる「スイッチボックス」が使用されます。連用取付枠がネジ止めできるような突起が設けられており、露出・埋込など多様な施工方法に対応した製品があります。これは、アウトレットボックスと使用目的により明確に区分されます。

アウトレットボックスとコンクリートボックスの違い

コンクリートボックスは、アウトレットボックスのように配線取り出しなど中継用として使用するボックス類ですが、コンクリートに直接打ち込みを行う場合に使用します。照明器具の取付や放送用スピーカー、自動火災報知設備における各種感知器などを取り付けるための位置ボックスとして使用します。

ボックスには固定用の耳状のツメがあり、これを型枠に打ち付けて固定し、コンクリートを流し込み一体化させます。底板は取り外しができる構造となっています。材質として樹脂製と鋼製があり、特に堅牢性が必要な場所においては鋼製を採用すると良いでしょう。

アウトレットボックスとプルボックスの違い

プルボックスは、電線の分岐や接続に使用する鋼製・樹脂製のボックスですが、特に幹線や、多数の電線管を接続する部分で使用され、大型のものでは1m近い立方体の大きさのボックスを使用することがあります。

配線こう長が長く、電線敷設が困難な場所においてはプルボックスを多数配置し、電線敷設の難易度を緩和する目的でも使用されます。特に高圧ケーブルの敷設においては、中継や接続などに大きなスペースが必要となり、ケーブルも太く曲がりにくくなるため、幹線を引き回すための拠点としてプルボックスを使用することがあります。

特にプルボックスは露出工事を行う機会が多く、その存在感が大きくなりがちのため、意匠性を考慮した選択を行うことが望まれます。例えば、ステンレスヘアライン仕上げや鏡面仕上げなど、建築材料と同様な表面仕上げを行うことが可能となっています。

スポンサーリンク

カテゴリー

WEBサイト運営情報

サイト内検索

Loading

スポンサーリンク

11月度ランキング